google-site-verification=O9h17fJGk1A5FQlfgyImCO5Z6jWMmyfZS9djnrInQjI

がんになっても地球旅行

病気には無縁と思ってた元バックパッカー、60歳。3年前からバンコクのある大学で日本語教師をしながら、時々アジアを旅行。でも2019年4月バンコクで肺腺癌(1A)手術(59歳)。これからもがんサバイバーとして地球旅行をしていきたい!

2022年07月

『トンブリー側の散策②棺桶から出た仏陀の足に祈る僧』の画像
 「仏陀の足が棺桶から出ていて、それに祈る弟子の像があるお寺があるんだって。」という友人に誘われて、ワット・インタラームへ行ったのも4月始めだった。「棺桶から足が出てるってどういうこと?」と思ったが、実際に見ると、不思議な仏像だった。 場所はウォンウィアン …

↑このページのトップヘ