先週、日本からの知人が来ていて、「バンコクの治安はどうですか?」と聞かれた。「大丈夫です。アジアの都市の中では、かなり安全なところだと思います」と答えた。

 実際、3年近く住んでいて、怖いと思ったことは一度もない。もちろんタクシーやトゥクトゥクにふっかけられたことはある。この前もターミナル21の前でタクシーに聞いたら、「450バーツ」と言われびっくりして、何も言わずドアをバンと閉めた。Grabを呼ぶとたったの109バーツだった。

 空港へは夜中の2時や3時にタクシーを拾ったこともある。でも私の住む通りは、夜中でも屋台が出ていたり、バイタクが止まっていたりする。そしてタクシーも5分もしないうちに見つかるので、真夜中でも怖くない。

 ただ1ヶ月少し前、日本人の一番多く住んでいるスクムウィットで、1人の男性が強盗に襲われて大怪我をされた。他にもやはり怪我をしなかったものの、強盗にあったという方の話もあった。どちらも深夜のことなので、夜遅くに繁華街へ出歩かない私は、そんな危険を感じることがないのかもしれない。

 最近、立て続けにホーチミンのひったくりの話を聞いた。一つは、私がよく見ているユーチューバーの方が、ホーチミンの旅行者の多い通りで、持っているiPhoneをバイクに乗っていた人にいきなり掴まれて、奪われそうになったそうだ。幸い、取られずにすんだそうだが、その直後に通りの反対側で、中国人旅行者がケータイを同じ手口で奪われたのを目撃。たった数分でそんなことが2回もあることにびっくりしたと話されていた。

 そして昨日、ホーチミンに住む友人が、やはり路上でiPhoneのひったくりにあってしまった。その友人は、若い頃からバンコクや他のアジアの国を旅行しているので、アジアの治安についてもわかっている。そんな彼女でも被害にあうのだから、私も同様の目にあう可能性はあると思った。

 今のところバンコクでは、ケータイのひったくりの話は聞いたことがない。それだけバンコクの方が豊かで、みんながケータイを持っているためかもしれない。スリにあったという話も聞いたことがないので、昔に比べるとバンコクははるかに治安は良くなったと思う。

 はるか30年以上前、初めてバンコクに来た時は、BTSやMRTがなくてバスを利用していた。そのときに、友人の1人が布製のカバンを切られて、パスポート、トラベラーズチェック、現金を盗まれてしまった。幸いパスポートは2、3日で見つかって(確か、どこかのゴミ箱に捨てられていたのが見つかった)、大きな被害には至らず、一緒に帰国することができた。その当時は、バスではスリに注意しなければならないと言われていた。

 ホーチミンはその当時のバンコクなのかもしれないと思う。まだまだ発展途上で、もうすぐ地下鉄もできるそうだ。バイクの交通ルール無視も、バンコクよりひどいが、だんだんマシになっていくのだろうか。

 日本は治安のいい国なので、日本人は、海外で危機管理ができていない人が多いと言われている。確かに海外では、日本の常識が通用しないことも多い。自分の身は自分で守るしかないと気を引き締め、この地で生活していこうと思う。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 


肺がんランキング 

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
 にほんブログ村