これはバンコクの話だ。確か1月末だが、下書きのままになっていた。旅行の合間に友人と行きたかった一軒家カフェへ行った。このGoogle Mapの地図だとチャロンナコン通りに面しているように見えるが、本当はソイ26を入った突き当りなので、少しわかりにくい。私たちも一つ手前のソイに入ってキョロキョロしていたら、おじさんが「カフェならあっちだよ」と教えてくれた。

 土日だけしかオープンしていないカフェなので、タイ人にすごく人気の場所らしい。私たちだけでなく、迷う人が多くて、おじさんもすぐそうだと思ったのだろうなあ。

A658C355-7A27-4E13-B146-FF893C5452A6

ソイの行き止まりの左手が入口
バーンクンヤー (บา้นคุณย่า)
74832D47-25C3-47EB-B370-66A0AEFD565F

一階の奥には素敵な庭が見える
0DE7362F-6850-4035-AFDE-53F554E814A3

入口で靴を脱いで、階段を登っていくと・・・
44E79E03-736D-48C3-BFC1-D847682D479A

2階にはいくつかのテーブルやいす
6BC1A491-D081-445D-88D9-A3B8B29502DB

私たちが最初に座ったところ
でも扇風機だけだと、ちょっと暑かった
A0624CB0-0A63-40DB-9CC8-93A5CF0EAC63

広めの室内の方はエアコンがある
2ECE589C-5CB5-446B-8A48-719938E02F6A

壁に掛けられたモノクロの写真は、ここのご家族のもの
60141C1E-BE52-4E41-AD7F-694D55D67C68

至るところにセンスの良さが感じられて、こんなところに住んでみたい!と思った
82531363-B82C-4FDD-BBD9-88FAA09E220E

私たちが注文した2品
白いほうはカオトークタンというらしい
ข้าวตอกต้ัง 100バーツ
DAC6DC6F-16DE-4AA2-B89C-96A2E23C537B

 これは見たこともないお菓子だったが、ラーティアンというらしい。昔のタイ菓子で、王室の食べ物だとか。中身はたぶん豚肉のミンチじゃないかと思ったが、ネットで調べたら、本来はエビをミンチ状にしたものを入れるそうだ。味付けは少し甘辛く、お菓子というよりおつまみ的な感じだった。

ลาเตียง 150バーツ
06F66BF8-E7C0-4256-A858-B18D27DCE95B

長居をしたので、カプチーノとタイティーを追加
0E9D4CB2-87D1-43C0-B04C-DB6A2B164295

トイレさえも写真を撮りたくなる美しさ
5E02658A-8079-4D43-998D-997D2402AE17

2階から庭を眺める
64134B47-E925-4BA5-812E-2E2C61AA317E

 私たちは3時間近くここにいたと思う。あまりにも居心地がよかったからだ。他に試したいメニューもあり、友人とはもう一度行こうと約束していたのだが・・・。土日しか開いていないために、機会を作ることができなかったのが残念だ。
 
 旅行で来るときはスクムウィットあたりに泊まることが多いので、次に来る機会があっても、ここまで足を延ばすのは難しいかもしれない。でもいつかまた訪れてみたい。


このブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチっとしていただければ、励みになります


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
にほんブログ村