タイのお寺にはいろいろなタンブン(徳を積む)の方法がある。よく見かけるのは魚のえさやり。これはお寺でなくても、いろいろな場所で魚のエサを売っているので、気楽にタンブンできる。

 鳥を空に放ったり、魚を川や池に放流する。これも見たことがあるが、鳥は捕まえにくいが、魚はいくらでも川で捕れそうなので、簡単に再利用(?)できるのではないかと疑ってしまう。

 4月最後の土曜日に行ったのは、ワット・チャイモンコン。ピン側のほとりにあり、土曜日の午前中ということもあり、かなりの参拝者がいた。

仏塔はタイらしく黄金色
32BAD595-805E-461E-83F8-CE6583BB86D7

本堂は残念ながら改修中だった
CC2ED0EF-D7DA-431E-8675-AE0F6E4C3B92

 ここは観世音菩薩もあるということは中華系?でもちょっと調べると、1447~1487年のティローカーラート王の治世に建てられたモン族のお寺だとか。ネット上では美しい壁画もあったので、それが改修中の本堂の中らしく、見れなくて残念だった。

1B114A09-D998-4839-9D3C-7C2EC5560E16

 このお寺は裏手がピン川に面しているので、そこでたくさんの人がタンブンしていた。川があれば、たいてい魚のえさやりのタンブンと思っていたら、ここは放流のタンブンが中心のようだった。

おばさんが、魚の袋に願いをかけている?
56C68A69-BBE6-44C4-AC09-A16C403472F6

そして川に放流 思ったよりたくさんの魚だった
29D7AD09-0982-4E39-AFB9-E1E43960FAEB

この貝も一瞬食べ物として売っているのかと思ってしまった
でもタンブンで放流するもの
1A8AA126-F671-48D1-AD2E-F5DE17A45464

 川から戻ると、沢山の瓦が積み重ねられているのに気づいた。しかも何か書かれている。そうか、絵馬のように願いを書いて奉納しているんだ。

3722D077-C758-4592-AD3F-71DE6D891BAB

3B20DFEC-5A06-4899-9359-6125E9CA1FF7

 ということで私も参加。タイ語ではなく日本語で書いたけど、いいよね。いつも仏像に祈るときも日本語だし。

FE53E7E9-A7A2-4063-AA23-F4C86C8F54AF

 私の瓦も、ちゃんと屋根の一部になるのかなあ。作業をする人が、「読めない文字が書いてある」と取り除いてしまうことはないかなあ。まあ瓦がどうなれ、ちゃんと願いを込めて書いたから、きっとお寺に私の思いは残っていると思うことにしよう。


 
このブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチっとしていただければ、励みになります


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
にほんブログ村