ついにタイ生活もカウントダウンが始まってしまった。しかもチェンマイは本当にあと少し。今日は旧市街の、あまり観光客が行かないお寺を回ってみた。

94D9872C-4A10-4E7A-9279-CF22F6A29F20


 ワット・チィアンユーン
お堀の北側にあるこのお寺は、門の手前からこの大きな仏像と仏塔が同時に見えた。

1A599FA9-0CA2-46A6-A8C0-F696FFA01188
 
 お寺の中にあった案内板によると、このお寺の歴史ははっきりしないが、ランナー王国の大切なお寺だったようだ。名前のチィアンユーンはLong Lifeを意味するそうだ。ビルマの侵攻で一時すたれてしまったが、1794年に再建された。
 でもこの仏塔はビルマ様式で、いつ頃建てられたのだろうと不思議に思った。

181C61E5-4020-4D0D-A947-750F29840964

DAC71AF2-6BBE-40EE-A9A5-BD44F650DBFC

 ワット・ラーチャモンティアン
これはお堀の中にあり、ちょうどお堀からとてもきれいに見える。ランナー王国第9代ティローカラート王時代の1431年に建立された。

91288AA7-CC96-4BE8-80D5-01CA4870BF04


 ワット・ムーングンコーン
ランナー王国5代王治世の1893年から1923年の間に建立された。

F135E650-224A-486D-8AC5-55489A407832

本堂の横にずらりと並んだ仏像が可愛らしい
36A76575-7F0F-40EA-876E-003BD5333C55

E54F0E5C-DAEC-4B58-AA06-9ADDC51EAB07

黄金の仏塔の周りを、黄金の干支の動物が守っている
C2728911-D0B9-4F79-8D74-BD75403B2E35

不思議な表情の寝釈迦物もあった
FA79CBBC-DA9C-4766-802B-EE9FE0F2A724

 
ワット・プラチャオメンラーイ
 ここは、Google Mapでは閉業となっていたのだが、入ることはできた。でも改築中だった。
 初代王のマンラーイ王が建てたお寺でメンラーイとあるが、マンラーイ王のこと。ここのプラチャオ・メンラーイ仏像は5mもある大きなものだが、写真を撮り忘れた。

4DA88D6E-E958-4498-9EDA-94B607EB1919


3FA98370-FC53-4C44-B6CE-71EDF0E4C189

 いくらお寺や仏塔を見るのが好きとはいえ、4つのお寺を立て続けに回ったら、さすがに飽きてきた。ちょうど昼時だったので、この近くのレストランへ行った。実は前からこの前の道を何度かバイクで通っていて、気になっていたのだ。外からの写真を撮り忘れたが、中もちょっとおしゃれなお店だった。

ファンペン เฮือนเพ็น
E5193D53-6813-4A75-A715-9B7247520A6D

 メニューもいろいろあって美味しそうだったが、一人だとやはりカオソーイガイを選んでしまった。今週はすでにカオソーイを食べるのは2回目だ。まあでもチェンマイを出たら、もう食べる機会もないかもしれないので、飽きるまで食べよう。

カオソーイガイ 60バーツ
EE3FE49E-B415-4E8E-BA38-BB7A3A80822B

 スープはちょっと辛い目。でも手羽元が小ぶりでも2本入っていたし、美味しかった。
 
 お寺に興味のない人は、今日のブログは全然面白くないだろうなあと思いながら書いている。でも私自身も書いておかないと、一体どこへ行ったのか覚えていられないので、記録として書いた。

 
日本にいる家族や友人から「もうすぐだね」とラインが入る。でもそのたびに私は憂鬱になっている。荷造りもしなくてはならないのに、全くやる気も出ない。どうしたもんやら・・・

 
このブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチっとしていただければ、励みになります


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
にほんブログ村